男女産み分け方法 > 産み分けと迷信

産み分けと迷信

産み分けには本当にいろいろな迷信や俗説が世界中で飛び交っています。
それらの迷信や俗説には全く根拠のないものでもいまだに信じられ実行している方もいるようです。
その迷信や俗説などを検証してみたいと思います。

「ヨーロッパでの迷信」
・潮の満ち引きで男女の性別が決まる。
・満月の夜に性交すると男の子。
・靴を履いての子作りでは男の子。
・男の恰好をして性交すると男の子。
・夫のズボンを女の子が欲しい時にはベッドの左側、男の子だとベッドの右側に吊るす。


「日本での迷信」
・クリ拾いの夢を見たら男の子。
・桃が出てくる夢を見たら女の子。
・夫婦の年齢の合計が3で割り切れたら女の子、割り切れなかったら男の子。
・寝室に欲しい性別の子供の写真を飾る。
・一人目の子供の足に筋が両足に1本ずつあれば2人目は女の子、片方だけだと男の子。
・一人目の子供と年が近いと同性、離れていると違う性。


これらの迷信をみると(特にヨーロッパ編)昔から男の子が跡取りなどで必要とされていたのでしょうか。
男の子が生まれてくる迷信が多いように感じます。
これは全く根拠の無い、あくまでも迷信ですので、信じすぎないように気楽に気持ちの余裕があったら実行してみるのも良いかもしれませんね。
ちょっとしたお遊び感覚で試してみるといいのではないでしょうか。
これらの迷信だけで産み分けはできません。
産み分けの根拠に伴った方法を行う上で迷信も試すのが良いみたいです。