男女産み分け方法 > 産み分けとピンクゼリー

産み分けとピンクゼリー

男の子が欲しい場合はグリーンゼリーでしたね。

女の子がほしい場合に有効なアイテムはピンクゼリーです。

ピンクゼリーもグリーンゼリーと同じくイギリスで女の子を産み分けるための便利なアイテムとして開発されました。

性交前にピンクゼリーを使用することで、酸性の状態になり男の子の精子であるY精子より酸に強い女の子の精子であるX精子が有利になる状態にします。

ピンクゼリーを使用しての産み分けの確率は、やはりグリーンゼリーと同じく80%ほどです。

ピンクゼリーの使用は排卵日の2日前ということが一般的に言われています。

これもグリーンゼリーと同じようにタイミングと併用することによってより高い確率が得られるでしょう。

ピンクゼリーの使用方法は、固まっている状態のゼリーをお湯に4~5分付けて湯煎しておきます。

ゼリーの温度を確かめて、5~7mlを注射器に取って注射器でできるだけ奥の方の膣に注入します。

せっかく注入したゼリーが出てしまわないように腰枕などで腰を高くして5分ほどゆっくりと待ちましょう。
その後、性交します。

ピンクゼリーもオークションなどで売られているようですが、こちらもやはり婦人科などできちんと処方されて購入した方が品質的にも安心でしょう。

グリーンゼリーの時に述べましたとおり、検索をすると簡単にヒットする産婦人科で通販でも売られています。

この産婦人科の通販を利用するときには最初に登録料が発生するようなので自身でホームページに行って確かめるようにしてくださいね。

ピンクゼリーの料金は10500円で少々お高めですね。

しかし、相談窓口などもあってアフターケアもよさそうなのでオークションで購入しっぱなしというよりも安心だとは思います。