男女産み分け方法 > 産み分けとY精子

産み分けとY精子

XとYって何だろう?
性別を決める精子の種類のことです。
2種類あってY精子が男の子。
X精子が女の子になります。

この2種類の精子はそれぞれ特徴があるので産み分けする時に必要不可欠なものになります。

それぞれの特徴ですがまずは男の子のY精子から。

・Y精子が受精すると男の子になる。
・酸性に弱くてアルカリ性に強い。
・スピードがあって卵子に到達するのが早い。
・数がX精子より2倍多い。
・寿命はX精子より短くて、24時間しかない。

卵子と受精をしたらY精子はスピードが速いのでX精子よりも早く卵子に到達します。
しかし、簡単そうに見えてもY精子は酸性に弱いために普通の状態の膣は酸性であるので、Y精子の多くは入口で死滅してしまうのです。
結果的にみると、男の子と女の子の割合はうまい具合に1対1になるようです。
自然にバランスが取れているのですね。
自然界の摂理ってすごいな~と思いました。

男の子を産み分けるにはいかにして酸性である膣をアルカリ性に変えていくかが産み分けの性交のポイントと言えるでしょう。

なぜ、女性の膣は酸性なのでしょうか?
それは外部からの雑菌を防ぐためと言われています。
しかし酸性である膣の入口から奥へ進んでいくと子宮頸管がありそこはアルカリ性の環境になっているのです。

ここまでをまとめると、Y精子は酸性に弱くて寿命が短いことになります。
それでもY精子はX精子より数が多くて運動に能力が高くスピーディーに動けるので男女の出生の比率はほぼ一緒になるのですね。