男女産み分け方法 > 産み分けとX精子

産み分けとX精子

Y精子は男の子でしたが、X精子が受精すると女の子が産まれます。

X精子の特徴をお話ししていきます。

X精子の特徴について

・X精子が受精すると女の子。
・酸性に強くて、アルカリ性に弱い。
・スピードは遅く、卵子に到達するのが遅い。
・数はY精子の半分しかない。
・熱にも強い。
・寿命は長く2~3日は生きている。

以上のような特徴から、受精すると数も少なくスピードも遅いので卵子に到達するのにY精子よりも不利な状態です。

これだけ聞くと、男の子の方が産まれてきやすいのではと思われがちですよね。

しかし、Y精子は酸性に弱いという弱点を持っていることからY精子は勢いがあっても酸性である膣の入口でほとんどが死滅してしまいます。

その結果、男女の産まれてくる比率は1対1という割合にうまい具合になっているのですね。

自然界の摂理って本当にすごいのだな~と感心させられます。

女の子を産み分けしたいならば、酸性である膣の入口でいかにY精子を減らして、特徴でも長い寿命をどのようにして有効に生かすことができるかが成功するかぎになります。

女性の膣は普段は雑菌から守るために酸性で守られていますが、排卵日が近付くにつれて中性になっていきます。

排卵日当日にはアルカリ性まではいきませんが中性になります。

そうなると酸性に弱いY精子も死滅せずに元気に卵子に到達することになります。

それでなくてもY精子は元気で数が多いので有利ですから。

ということは、排卵日前後には膣の中を酸性に保てればX精子が有利になります。

X精子もY精子の世界も競争が激しいのですね。