男女産み分け方法 > セックスによる産み分け ~男の子編~

セックスによる産み分け ~男の子編~

男女を産み分けるために最も有効とされているのが、セックスのタイミングや時期を希望する性別の赤ちゃんが産まれやすく合わせるというものです。

まずは、男の子を産み分ける時期やタイミングですが、Y精子が卵子と受精することで男の子が産まれますよね。
復習になりますが、Y精子は数が多くスピードは速いのですが寿命が24時間と短く、酸に弱いので膣の入口付近で死滅してしまいます。
そういうY精子が受精するための確率を高めるための時期とタイミングは「排卵日の1日前~1日後」ということになります。
これよりも前だと子宮の中の精子が死滅してしまうし、これよりも後になると卵子の寿命も24時間と短いので卵子の方が死滅してしまいます。

このタイミングを守り、あとは酸に弱いY精子をいかにして酸性の膣の入口を乗り越えさせるかが成功へのカギとなります。
酸性の膣を通過さえすればあとはスピードがあるY精子のことなので、いち早く卵子に到達するでしょう。
何らかの方法で酸性をアルカリ性に変化させることができれば、卵子に到達するY精子が多くなりその分男の子が産まれる確率が高くなるのです。

膣の中の酸性をアルカリ性に変化させるには、グリーンゼリーの使用のほかセックスで女性が感じることが必要になってきます。
女性がオーガズムを感じることによって、アルカリ性の粘液が出やすくなり酸性と中和されて中性となります。
中性になれば、Y精子も卵子に到達しやすくなるので受精する確率が増えるというしくみです。
ということで、男の子が欲しければ濃厚なセックスをお勧めします。