男女産み分け方法 > セックスによる産み分け ~女の子編~

セックスによる産み分け ~女の子編~

女の子を産み分けるためにはタイミングや時期が大事になります。
セックスによるタイミングや時期についてお話しましょう。

女の子が産まれてくるには、X精子が受精することが必要になります。
復習になりますが、X精子はY精子と比べて寿命が長く2~3日です。
そして、Y精子と違って酸には強いという特徴があります。
しかし、スピードはY精子に比べると遅くて数が少ないので条件が同じ場合、Y精子には負けてしまいます。

そういうX精子が受精をする確率が高くなるタイミングは「排卵日の2~3日前」が一番なのです。
X精子の寿命がY精子より2~3日長いという特徴を生かして排卵日の2~3日前にセックスすると排卵日当日にはX精子のみ残っているということになります。
Y精子という最大のライバルを減らすにはこの方法が一番ですね。
このライバルがいなければ寿命が長いX精子の一人勝ちとなります。

セックスするときには膣の入口を酸性に保つことも大切です。
酸性を保つことができれば膣の入口でY精子は死滅してくれるのでX精子がゆっくりでも卵子に到達して受精ができるのです。
酸性に保つにはピンクゼリーを使用するほかにセックスで女性が感じないことが必要になります。
女性がオーガズムを感じると中性になってしまうので感じなければアルカリ性の粘液もあまり出てこないので酸性の状態が保たれます。

つまり、女の子が欲しければあっさりのセックスにしましょう。