男女産み分け方法 > 膣のphによる産み分け

膣のphによる産み分け

男女の産み分けをする時に、膣のphが大きく関わってきます。
膣のphによって産み分けが成功すると言ってもいいでしょう。

男の子を産み分けるには、Y精子は酸性に弱いことから膣の入口をできるだけ中性に近づけることが重要になってきます。
膣のphを中性に近づけるにはどのようにしたらよいのでしょうか?
産婦人科で処方されるグリーンゼリーを使用することも効果的ですが、その他にも中性に近づける方法はあります。
それは重層を使用した膣の洗浄です。
重層で膣の洗浄を行うと膣内がアルカリ性に近付きます。
そうすると酸に弱いY精子が元気に卵子に近付くことができ、男の子を妊娠する確率が増えるというのです。
方法としては、事前に重層で作った溶液を準備しておきます。
そして性交の直前に膣の洗浄を行うのです。
しかし、この方法は最近ではあまり行われていないようですね。


女の子を産み分けるときの膣のphは酸性がいいようです。
女の子のX精子はY精子に比べてスピードが遅く数が少ないという弱点があるためY精子に負けてしまいます。
そこで酸性に弱いY精子を減らすために膣内のphを酸性に保つことができれば女の子が生まれる確率が増えるというのです。
具体的にどうしたらよいのでしょう。
産婦人科で処方されるピンクゼリーを使用するか、食酢による洗浄を行うと酸性に近付いていきます。
あらかじめ水で薄めた酢水を準備しておき、性交の直前に膣内の洗浄を行います。
しかし食酢にはいろいろな食品添加物が含まれているので衛生上あまり良くないとも言われています。
今はこの方法はあまり行われていません。
産婦人科で行う治療では、低濃度の酢酸水が使用されています。

このように使用する溶液類は水っぽいのですぐに流れ出てしまうため効果は薄いようです。
自分で行う場合、衛生面に気を付ける必要があるので一般的にはあまり行われていないしお勧めできる方法ではありません。