男女産み分け方法 > 食事による産み分け ~男の子編~

食事による産み分け ~男の子編~

産み分けを行うのに、昔から食事による方法が多く伝えられています。
食事による産み分けの考え方としては、食事で男性・女性のそれぞれの体をアルカリ性や酸性にして産み分けをうるというものです。

男の子の場合ですが、男性が肉や魚を中心に、女性が野菜中心の食事を摂るのが基本です。
女性はサラダを中心に食べ、肉類、魚類、卵やお菓子は食べないようにします。
男性は肉類、魚類、卵を毎日食べてレタス、ジャガイモ、バナナ、海藻類などは食べてはいけないことになります。

しかし、食事による産み分けを行うと偏った食事になりがちだし、毎日同じものを食べ続けることにストレスを感じで精神的に良くないと思われます。
仕事での接待や外食も制限されるので、実際行うとなると難しいようです。


食事での方法がどれくらい効果としてあるのでしょうか?
人間の体は体温や血圧、phなどを一定に保つ性質があります。
この性質のおかげで人間の体は健康が保たれているのです。
そういうことからも食事方法だけで体を酸性とかアルカリ性に傾けること自体、難しいようです。

男性の精子はだいたい3か月前に作られたものから射精されるのです。
ということは、3ヶ月間この方法を続けることになります。
そうすると3ヶ月間は偏った食事になってしまい体も壊しかねないし、ストレスもたまる一方でしょう。
健康が損なわれては元も子もなくなります。
夫婦が健康でないと健康な赤ちゃんも産まれてこられないので食事方法だけでの産み分けはかなり難しいでしょう。