男女産み分け方法 > 産み分けをするには何から?パート1

産み分けをするには何から?パート1

産み分けをするために必要なものとはなにか?
一番基本となるものは、基礎体温です。
産み分けをする以前に、妊娠しなければいけませんよね。
妊娠するために必要不可欠なものは基礎体温を毎日付けることです。

基礎体温とはきちんとした排卵日を知るために付けるものです。
基礎体温とは何かと聞かれてきちんと説明できるでしょうか?

基礎体温とは朝、目が覚めたばかりのときに体を全く動かさない状態で測る体温のことです。
体の動きが最も安静な時の体温ということになります。

この基礎体温をきっちりと測ることで、いろいろな体の状態を知ることができるのです。
生理の時期や妊娠しやすい時期、妊娠しにくい時期など自分の体のバイオリズムがどういう状態なのかがわかります。

女性の体はデリケートにできていて時期によって気分が違ったりしてくるのです。
例えば生理後の低体温の時期には1か月で一番体調が良くなる時期です。
気分も晴れやかになり前向きな考えが持てるような傾向にあります。
そしてお肌の調子もよくなります。

反対に生理前の高温期の時には肌荒れやむくみが起こり精神状態も不安定になりがちです。
やたらにイライラしたりする時期でもあります。

女性の基礎体温は低温期、排卵期、高温期の3つに分けられます。
これが1か月の周期となっているのです。

低温期とは生理が始まって半月ほどの間の状態です。
自分の低温期を知るためにはし最低でも2~3ヶ月は測り続けるようにしてください。

排卵期とは低温期と高温期の差がはっきりとしているとよりわかりやすいのですが、高温期に入る前に1度体温が下がる時期があります。
その下がったときから急激に体温が上昇して高温期に移るのですがその体温が急上昇している途中に排卵しているとされています。

高温期とは排卵後に妊娠していなければだいたい2週間ぐらいに間体温の高い時期が続きます。


自分の基礎体温のサイクルを知るためにまずは毎朝、同じ時間に計って体温表に付けてみましょう。
2~3ヶ月もすると、妊娠のタイミングもわかるようになってきます。