男女産み分け方法 > 産み分けと栄養 ~女の子編~

産み分けと栄養 ~女の子編~

女の子を産み分けるときの栄養は、基本はナトリウムとカリウムを摂取すれば女の子が産まれやすいと言われています。

ナトリウムとカリウムの2つはミネラルの一種です。
カリウムの働きの一つとしてあげられるのが、血圧を上昇させるミネラルであるナトリウムを抑えるというものです。
腎臓でのナトリウムの再吸収を抑えて、尿へのナトリウムの排せつを促します。
そして、カリウムは末梢神経を拡張し、筋肉の働きを良くするということです。
カリウムが欠乏すると、めまい・倦怠感・食欲不振・吐き気・便秘・関節炎・筋肉痛・不整脈・高血圧などの症状がでてきます・
逆に多すぎると低血圧になってしまいます。

このカリウムとナトリウムは調節機能というものでバランスを取りあって、お互いの働きにより筋肉の収縮がスムーズに働くようになっています。
これはカリウムとナトリウムの濃度が一定のときでなければいけません。
例えばナトリウムだけを過剰に摂取すると、血圧が上がり心筋が活発になってしまう。
反対にカリウムだけを過剰に摂取すると、血圧が下がり心筋は静かになります。
ナトリウムは摂取方になると高血圧になるので、高血圧の方は塩分を控えるようによく言われています。

カリウムが不足している方は主にナトリウムを摂りすぎてカリウムを消費させているかナトリウム自体摂取は少ないがカリウムを摂っていなかったりしています。
日頃の食事ではつい塩分を摂りすぎてしまいがちですがそんな時はカリウムが多く含まれている果物や野菜をたくさん摂ることが大事ですね。
緑黄色野菜やイモ類などに多く含まれるカリウムを積極的に摂りましょう。


あと、これは俗説だと思うのですが、ちょっと面白い話なのでご紹介します。
朝食を抜いたり低カロリーの食事を好んだりする女性に女の子が産まれる確率が高いというものです。
これは、お母さんの体の栄養状態が悪くそういう良くない環境でもきちんと適応して産まれてくることができるのが女の子なのではと考えられています。
そういえば、産まれてきた赤ちゃんの女の子の方が健康面では育てやすいと言われていますがそれに関係しているのでしょうか?