男女産み分け方法 > 産み分けとコーヒー

産み分けとコーヒー

コーヒーで産み分けるってできるのでしょうか?
コーヒーだけではなくて、紅茶や緑茶にも含まれているカフェインが産み分けに効果があるとされているのです。

コーヒーなどに含まれているカフェインにはY精子の活動を活発にさせる働きがあるそうです。
この働きを利用して、性交の30分くらい前にコーヒーを飲むことによって男の子になるY精子が活発になって卵子に到達して受精する可能性が高くなります。
コーヒーよりもカフェインを多く含む飲み物として紅茶や緑茶があります。
意外かもしれませんがこれらの飲み物はコーヒーの2倍のカフェインが含まれているのです。
ということでコーヒーのほか紅茶や緑茶でも効果があるということです。

男の子を望むのならばコーヒーなどを飲むようにしますが女の子を望む場合にはどうでしょうか?
当然のことですが、カフェインはY精子を活発にする働きがあるので、カフェインは控えることが重要です。
コーヒーだけではなく、紅茶や緑茶も控えなければいけません。
ちょっとお茶を飲みたいな、と思ってもカフェイン入りは控えなくてはいけないので麦茶などノンカフェインのものにしましょう。

濃いめのコーヒーを飲むとY精子が活発になる。
学術的にも精子とカフェインの関係は実証されているそうですが、なぜY精子だけが活発になるのでしょう。
そこのところに疑問が残りますが。
Y精子が活発になると女の子になるX精子も一緒に活発になりそうですがそこのところはどうなのでしょう?
XとY両方の精子がカフェインを摂ることで同時に活発になるともともと活発なY精子の方がより元気になるということなのでしょうか?

この方法もあくまでも参考程度に試してみることをおすすめします。