男女産み分け方法 > 中国式の産み分け法

中国式の産み分け法

中国式の産み分け法とはどういうものなのでしょうか?

13世紀に中国の科学者が宮中での男女の出生の記録を統計しそれを作成した表に照らし合わせるいわば占いのようなものです。

この中国式の産み分け表は産み分けカレンダーとも言われ、王家の墓の中から発見されて今現在は、北京にある科学館に大事に保存されているものです。

調査によると中国では99%、アジアでは90%、アメリカでは85%の的中率だそうです。

しかし、これには科学的な根拠は全くありません。

中国4千年の歴史なのですね。

中国式産み分けはまず、赤ちゃんを受胎した月と母親の歳(数え年)の割り出しからはじめましょう。

日本ではなじみがない数え年とは、その年の誕生日になる年齢プラス1歳という計算になります。

例えば今年25歳になる女性の場合の数え年は26歳ということになります。

中国や韓国では数え年が一般的です。

その数え年と受胎した月を中国式の表に照らし合わせて、男女のどちらが産まれるのか確認します。

この表は検索するといろいろ出てくるので検索して探してみてください。

すでに産まれている子供を調べたい場合は、その子供の出産予定日から280日を引いたその日を受胎月として計算してみましょう。

ちなみに私自身2人の子供がすでにいるのですが、ちょっと面白いので調べてみました。

そしたら見事に2人とも性別が合っていました。

我が家では中国式で産み分けしたら100%だったということになりますね。

すでにお子さんがいる方もちょっと調べてみてはいかがでしょうか?