男女産み分け方法 > 産み分けとバイオリズム

産み分けとバイオリズム

バイオリズムってご存知ですか?
バイオリズムとは、身体(P)感情(S)知性(I)のそれぞれのリズムのことでこれらのリズムが一定の周期で休息期と活動期を繰り返すものです。

バイオリズムによる産み分けの方法もあります。
身体のリズムが活動期(P+)に入るときにはお母さんの体のアルカリ性が強くなるということでY精子を受け入れやすくするために男の子が生まれやすいという時期になります。
反対に感情のリズムが活動期(S+)に入ると酸性が強くなりY精子は弱まるのでX精子が有利になり女の子が産まれやすくなる時期になります。
この方法の確率は約80%と言われていてかなり高い確率での産み分けができるようです。

自分のバイオリズムを把握しておかなければならず、しかも排卵日とバイオリズムによる産み分け可能な時期が一致しなければ妊娠しないので少々大変かもしれませんが。
一致日を探すのに大変かもしれませんがあせらず挑戦してみてください。

この方法で産み分けを実践するときの注意点は、ズレとバイオリズムのズレを考えて可能な期間の両端の性交は避けた方がいいでしょう。
体内のリズムが不安定になってあまり好ましくない結果になるかもしれないという可能性があるからです。
特に排卵日が身体(P)と感情(S)の要注意日と重なった日には避けた方が無難です。

夫婦のバイオリズムの相性で赤ちゃんの性別が決まることもあります。
例えば、性的な欲求は感情のリズムの影響が大きいので感情(S)のリズムの相性が悪い夫婦の場合。
・性交の主導権が夫のほうにあって自然に妊娠した時には男の子が産まれる確率が高いようです。
・性交の主導権が妻のほうにあって自然に妊娠した時には女の子が産まれる確率が高いようです。
(妻が年上の場合にこのようなことになる場合が多いようですね。)

バイオリズムでの産み分けを成功させるには、自分自身のバイオリズムを理解して基礎体温をきちんと測り正確な排卵日を特定することが大切です。