男女産み分け方法 > 病院での産み分け

病院での産み分け

本気で産み分けをしたいなら産婦人科での指導のもと行うことをお勧めします。

産婦人科で指導されると排卵日も特定できるので確実ですね。

産婦人科で産み分けをしようと思ったら、まず産み分けを得意としている病院を探しましょう。

「セックスセレクション研究会」(略してSS研究会)という組織があります。

この組織はあかちゃんの産み分けについての研究をしている機関でここに加入している病院ならば産み分けに関することに詳しいと思われます。

SS研究会に加入している病院を調べるにはネットで検索してみると簡単に見つかると思います。

私も以前、女の子が欲しくて産み分けの指導をしてくれる病院を探した時に「杉山産婦人科」という病院をみつけました。

この病院は、産み分けを指導している産婦人科の中でも有名な病院です。

院長の杉山先生は長年産み分けの研究をされていてSS研究会の主催者でもあるのです。

遠方のかたでも相談できるようにメールによる相談も受け付けているそうです。

メールでの相談の回答は全部、医院長自身が行っているそうなので安心して相談できますね。

1度のメールでの相談で2000円の料金がかかるそうですが、複数の質問でも構わないそうなので何か不安なことや知りたいことがあれば相談してみるのもいいと思います。

産婦人科で産み分けの受診をすると、まず基本的な方法を教えてくれ、妊娠が可能な状態であるかどうかの検査をしてくれます。

男の子が希望の場合、グリーンゼリーやリンカルを処方してくれ、女の子を希望するとピンクゼリーを処方してくれます。

産み分けの指導をしてもらいに行く時には基礎体温表を最低でも3か月分持っていく必要があります。
基礎体温表をもとに排卵日を特定するので必ずきちんと測って持っていきましょう。
産婦人科に行く時期ももうすぐ排卵日かな、と思われる時期である生理日の開始した日から7~12日の間に行くことをお勧めします。