男女産み分け方法 > パーコール法による産み分け

パーコール法による産み分け

パーコール法による産み分けとは、産婦人科で行われている治療の一種で、女の子を産み分けたい時の方法です。

男性の精液をパーコール液に入れてから遠心分離機にかけます。

分離機でX精子とY精子に分けてそこで採取したX精子を子宮の中に入れる人工授精のことです。

このパーコール法は実は安全性の問題で1994年~2006年まで日本の産婦人科学会で禁止されていたのです。

その後、産婦人科学会は2006年の4月に研究の結果Y精子とX精子と完全に分離して選別することはできないこと。

そのため、パーコール法での産み分けの根拠が見いだせないとの結論付けでこれまでのパーコール法の禁止の撤回をしました。

しかし、撤回したからと言ってパーコール法を容認するものではないとも付け加えています。

禁止が解かれたことによって科学的根拠はないものの多くの産婦人科で再開されている事実があります。

このパーコール法の成功率は研究の結果、科学的根拠がないということから100%の方法ではありません。

ただ、現在の日本では倫理上、医療として他の産み分けの方法が行えないことになっているので産婦人科で受けられる女の子の産み分け法では確率は高い方なのかもしれません。

あくまでもこの方法は人工授精なので、そこまでして女の子を希望する方にとって100%ではない確率のパーコール法を受けることは精神的にも不安になるのできついかもしれません。

必ず女の子の赤ちゃんが授かるとは限らないというリスクがあるのです。

その辺をじっくりと考えて、他の方法と比較してからパーコール法でいいのか、きちんと納得した上で行うことが大切だと思います。

あとで、後悔しないようにご夫婦でじっくり話し合ってから決めるといいでしょう。