男女産み分け方法 > 産み分けをするには何から?パート3

産み分けをするには何から?パート3

基礎体温とともに併用するとより確実な排卵日を特定できる方法がいくつかあります。

まずは排卵が近付いてくるとおりものが増えてきます。
トイレなどに行った際にトイレットペーパーについたおりものを観察してみましょう。
おりものの粘りをチェックします。
人差指と親指ではさんで、その指を開きおりものの伸びる長さを測ります。
おりものの出始めは不透明で粘りも少ないですが、排卵が近付いてくると伸びるようになってだんだんと水っぽく透明になって10センチくらいまで伸びるようになります。
ただ、これも個人差がありますので他の方法も併用して行ってください。

次に排卵通や体の変化を観察しましょう。
排卵通とは排卵の前後に起こる下腹部の痛みのことです。
人によってはわずかに出血することもあるようです。
ただ、排卵通が起こるタイミングはひとそれぞれで、排卵前だったり排卵の瞬間や排卵後だったりするので他の方法とともに判断してください。
基礎体温をちゃんと測っていると、普通の人に比べ排卵日に排卵痛を敏感に感じることができるようです。

最後に市販の排卵検査薬を使用する方法があります。
これを併用するとさらに確実に排卵日を特定することができます。
尿検査と唾液検査の2種類があります。
尿検査では陰性か陽性かを判断します。
排卵時期の10日くらい持続して検査するとより確実な結果を得られるようです。
検査薬も5日用や7日用など持続して検査できるものが売られています。
唾液検査の方はより簡単でスピーディーにわかるものがあるのでご自身にあった検査薬を選ぶとよいでしょう。
各メーカーによって取り扱い方も違ってくるので付属の取説をよく読んでから使用してください。