男女産み分け方法 > 産み分けをするには何から?パート4

産み分けをするには何から?パート4

排卵日を知るためにもうひとつ方法があります。
それは自分で計算する方法です。

1度は聞いたことがあるかもしれません。
オギノ式の計算法です。
排卵の基本は「排卵は次の生理が始まる16日前~12日前に起こる」という前提にあります。
実際にやってみましょう。

まず、最近の月経周期を考えましょう。
月経周期に多少ばらつきがあるとして、27日から30日だとします。
最初に1番短い周期の27日から16を引いてみましょう。
この時は、11になりますね。
生理の開始した日から排卵が始まる可能性がある1番早い日となります。

つぎに1番長い周期の30日から11を引きましょう。
その結果は19になります。
これが開始した日から排卵の可能性がある1番遅い日になります。

この計算方法だと周期に幅があるとそれだけ排卵の可能性の日にも幅が出ることになります。
確実な排卵日を知る上で確実性が低くはなりますが、おおよその排卵日を知ることが可能になります。


話は戻りますが、基礎体温をつけることによって身体のサイクルを知ることができるということをお話ししました。
そのサイクルを知ることによって排卵日はもちろん身体の異変にも気付くことができるのです。
例えば、基礎体温に高温期と低温期のばらつきが多い場合には排卵障害が疑われます。
排卵障害とは、排卵がない状態の無排卵周期症や定期的に起こる排卵に障害が起こり不規則になるという病気です。
排卵障害の原因の多くはストレスやダイエットです。
過激なダイエットをすると生理が止まることがあります。
その他には激しいスポーツやホルモンがバランスを崩した時に起こることもあるようです。

基礎体温を付けていて、このような症状がある場合妊娠自体が難しくなるので病院での診察を受けましょう。