男女産み分け方法 > 高齢出産と産み分け

高齢出産と産み分け

高齢出産の定義は35歳以上となっていますが、今じゃ35歳はまだまだ若いですよね。
キャリアを積んでから結婚・出産をするという女性が増えているので高齢出産の方も増えているのではないでしょうか。

高齢出産になると子供は1人で・・・、と考える夫婦も多くなるのでそうなると産み分けが必要になってくるのです。
実際、限られた時間しかないので確実に、と考えるのもうなずけます。
もちろん、高齢出産でも産み分けは可能です。
ただ、高齢出産にはリスクが伴うのでその分、産み分けにも注意が必要になります。

高齢出産におけるリスクとは、低体重児・妊娠中毒症・未熟児・先天性異常児の可能性が年齢とともに高くなっています。
妊娠期間や分娩中に合併症が起こる割合が高いとされています。
先天性異常も多いとされるので、検診を定期的に受けて異常があれば早めに知ることが大事です。
早めにわかれば対応策もあるのできちんと検診を受けましょう。
赤ちゃんだけではなく自身の体へのリスクもあるのでその点を十分に考えてから産み分けを実践しましょう。

初産だけではなく2人目の出産でも1人目の時から期間が開いてさらに40歳を過ぎるとリスクはとても高くなると言われています。
40歳を超える妊娠・出産では100人に1人の割合で染色体異常(ダウン症)が起こっています。
年齢が上がるとその割合も増えているようです。
日本ではダウン症やその他の先天性異常がないか、35歳以上の妊婦には羊水検査がすすめられています。

しかし、多くの高齢出産で健康な赤ちゃんが産まれているので不安に思うことはありません。
不安に思うことで、それがストレスになったりすると体調をくずしたり、おなかの赤ちゃんに悪影響を及ぼすかもしれないので明るく元気に妊娠期間を過ごしましょう。
不安に思わず産み分けにチャレンジしてください。