男女産み分け方法 > 産み分けのタイミング ~男の子編~

産み分けのタイミング ~男の子編~

男の子を産み分けるタイミングとはいつなのか?

まず、男の子が欲しい場合は濃い精液が良いとされるので、生理日の最終日から排卵日まで禁欲になります。
元気なY精子がたくさん出るようにしておきます。
Y精子は酸性に弱いので排卵日は膣がアルカリ性になっているため、排卵日をめがけての性交になります。
アルカリ性担っているとXYの精子がともに活性化されて子宮内に入りやすくなるのです。
そして精子の泳ぐスピードがXよりYの方が早いので同時に子宮に入っても席にY精子の方が卵子に早くたどりつくので男の子が生まれやすいというわけです。
そういう仕組みだったのですね~。
考えるとなんだか、奥が深いわ。
だから落ち着きのない元気な男の子が多いのかしら。
ちなみに我が家にも2人の男の子がいますが、2人とも落ち着きないもの。
しかも、とっても元気だし。
Y精子の中でも一番元気な精子だったのね。
すみません、話がそれたので元に戻します。

男の子になるY精子は、寿命が24時間と言われています。
卵子の寿命も24時間と言われているので、排卵日当日が良いとされています。

元気なY精子を出すためには健康管理にも気をつけたいところです。
夫婦ともに健康の管理に注意を払い、産み分けにチャレンジしましょう。
風邪などひいても禁欲をしても元気なY精子をたくさん出すことができなくなりますので、気をつけてください。