男女産み分け方法 > 産み分けのタイミング ~女の子編~

産み分けのタイミング ~女の子編~

男の子の産み分けのタイミングは排卵日をめがけて、だったと思います。
これは排卵日が特定できれば簡単なことです。
しかし、女の子を産み分ける方法はもう少し難しいようです。

女の子を産み分けるにはやはりタイミングが大事です。
女の子になる精子X精子の寿命は3日間です。
男の子になるY精子の寿命が24時間なので、排卵日の2日前に性交することで運動能力のあるY精子を排卵日当日には減らすことができ女の子が生まれる確率が増えるのです。
卵子の寿命がやはり24時間なので、排卵した時にX精子が待ち構えている状態がベストなのですね。
2日前を選ぶメリットは実際に排卵が1日前になったとしても女の子の可能性が高いということ、逆に排卵が1日あとになったとしても次の月にまたチャレンジできるということです。
反対にデメリットもあることを知っておきましょう。
2日前のデメリットは排卵日当日を把握するよりもより予測が困難なことです。
そして、排卵日までに2日の誤差が生じる可能性があるので妊娠自体の可能性が低くなるということです。
これらの理由から、男の子より女の子を産み分けるのが難しいとされています。

それに男の時と違って精子を溜めないことも重要です。
男の子になるY精子はスピードがあるけれど寿命が24時間と持続力がない。
その反面、女の子になるX精子はゆっくりだけど寿命が3日もあるというタフさがある。
実際、周りのお子さんを見ていると男の子はちょこちょこと動き回って女の子はそういう男の子を尻目にどんと構えている子が多いような気がします。
この特性を利用してのタイミングを使っての産み分けにも挑戦してみてください。