男女産み分け方法 > 産み分けの歴史と社会的認知

産み分けの歴史と社会的認知

産み分けの歴史は世界中に迷信などが語り継がれているように昔から関心は高かったようです。
数々の迷信・俗説が飛び交う中、産み分けを科学的に行う発見をした人がいます。

アメリカに生殖生理学者のシャトルズ博士という方がいました。
1960年代に博士は顕微鏡によってXとYという形状の違った2種類の精子を発見しました。
この2種類の精子が産み分けの手がかりとなりました。
博士が発見した以前にも男女を決める2種類の精子があることは理論上では語られていました。
実際に生きている精子で発見できたのはその理論上の説が裏付けられたことになりこの2種類の精子を分けることにより産み分けが可能になるというものです。

しかし、昔は産み分けるという行為自体自然なものに逆らうということで非難されていました。
キリスト教では神を冒涜する行為として反対されていました。
日本でも自然の流れに故意に人間が手を加えることでその結果が左右されることに理解がなかなか得られませんでした。
しかしシャトルズ博士の理論がアメリカ全土に広がっていき、まずローマカトリック教会が理解を示しました。
それをきっかけにして次第に受け入れられるようになっていったのです。
最後には反対していたキリスト教も認めるようになったということです。

徐々に世界中に広がっていき、今では専門病院が多くみられるようになりました。
日本でも産み分けの指導をしてくれる産科医院も多く受信する方もとても増えたみたいです。
最近では産み分けの方法もいろいろと情報があり、自身で取捨選択して自分たちに合った方法での産み分けを実践することも可能になりました。